お付き合いするまで

婚活で付き合う決め手って何?結婚後に後悔しない5つの決め手

こんにちは!はるかです。
管理人のプロフィールは、こちらからどうぞ。

婚活をしていて何度かデートを重ねていくと出てくるのが、付き合うか付き合わないかという問題。

いい人なんだけど、この人と付き合っていいのかな?
もっといい人が現れるんじゃないかな?

そんな風に迷うことってありますよね…!

この疑問を解決するために、婚活で付き合う5つの決め手についてまとめてみました。

この記事はこんな人にオススメ

・婚活で付き合う決め手が分からない人
・この人と付き合っていいのかな?と迷っている人

婚活して付き合うかを判断する5つの決め手

自然体でいられる

付き合うかどうか迷っている時は、どうしても自分ではなく相手のことを考えがち。

この人のこんなところが気になる…とか、でもこんなところはいいな…とか。

細かいかな?と思いつつも、色んなことが気になっちゃいますよね。

でも、相手以上に見るべきなのが、その人といる時の自分が自然体でいられるか、自分を好きでいられるかどうか、ということなんです。

相性がいい人といると、会話があってもなくても、リラックスして自然体でいられるもの。

反対に、どんなにときめく相手でも、一緒にいてハラハラしたり、苦しくなったりする自分のことは、好きになれなかったりするのではないでしょうか。

結婚は、何十年と続く共同生活のスタート。

一緒に生活していくのであれば、自然体でいられて心穏やかに過ごせるということは、本当に大切なことです。

もし迷った時には、その人と一緒にいる時の自分は自分らしくいられているか、一緒にいる時の自分のことを好きだと思えるか…相手以上に、その人といるあなた自身のことを観察してみてください。

嫌な所が少ない

嫌なところがない、または少ないという相手とは、長期的な関係を築ける可能性が高いです。

「大好きだけど、こういう所が許せないんだよね…」という短所があったとすると、結婚後もその短所と付き合わなければならない可能性が高いからです。

人は、変わりたいと思っても、なかなか変わらない生き物です。

現在短所と感じている部分が結婚すれば直るというのは、希望的観測であり、可能性が低いと考えていいでしょう。

そう考えると、相手の嫌な所がない・少ないということは、すごく貴重なことなのです。

付き合う時点では100%の気持ちで相手を好きではなかったとしても、嫌な所が少ない相手であれば、好きのパーセンテージを伸ばしていくことも充分できるでしょう。

はるか
はるか
私が夫と付き合い始めたキッカケも、嫌な所がなくて、告白を断る理由がなかったからでした。今は大好きです!

一緒にいない間も安心できる

一緒にいる時に自然体でいられるか?と同じくらい大切なことが、一緒にいない間も安心できるということです。

生活していると、一緒にいる時間以上に、一緒にいない時間の方が圧倒的に多いです。

・一緒にいない時に、相手のことが信用できなくて疑心暗鬼になってしまったり、イライラしてしまった。

・連絡のペースが合わなくて、不安になってしまった。

恋愛中に、こうした感情に陥った経験がある人は多いのではないでしょうか。

はるか
はるか
私は過去に二股されていた時、一緒にいない時間も不安で仕方なかったです

しかし、あなたと相性がいい人・あなたのことを誠実に考えてくれる男性であれば、一緒にいる間だけでなく、一緒にいない間も、穏やかな気持ちで安心して生活をすることが出来ます。

一緒にいない時間に心を乱すような人ではなく、一緒にいなくても安心感を感じられる人であれば、この先のお付き合いや結婚生活でも、心穏やかに暮らすことが出来ます。

結婚後の生活が想像できる

婚活でお付き合いを始めるのであれば、結婚後の生活が想像できるということも大切です。

例えば、結婚したら絶対子供が欲しい!とあなたが思っているのに対して、お相手の男性が子供を欲しくないと思っているような場合には、お付き合いは出来たとしても結婚後の生活は想像しがたいでしょう。

一方で、結婚したら子供を持たずに二人で仲良く過ごしたいという意見が一致していれば、結婚後の生活はスムーズに想像出来ます。

このように、結婚後の生活を想像することが出来て、その生活が自分が望んでいるライフスタイルと一致するのであれば、お付き合いを始める大きな決め手となります。

金銭感覚が似ている

金銭感覚が似ているということも、決め手となるポイントです。

金銭感覚が自分とかけ離れていると、結婚した後に苦労する可能性があるからです。

はるか
はるか
私が20代に付き合ってた人は、お給料の大半をパチンコに注いでいて、全く理解出来なかったです…

婚活で結婚を前提にお付き合いするのであれば、借金やリボ払いがないかということも、可能であれば確認しておきたいところです。

結婚=生活であり、生活とお金は切り離せないものです。

相手の金銭感覚が自分と近いか、理解できるものなのかということも、決め手の一つとなります。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は、婚活でお付き合いを始める決め手についてまとめてみました。

私は、結婚後に心穏やかに暮らしたいと思っていたので、一緒にいる間も一緒にいない間も精神的に安心できるか、ということを決め手にしました。

そして、結婚から5年以上経つ今も、その判断は正しかったと思っています。

もし婚活で付き合うかどうか迷っている人は、この5つのポイントが当てはまるか、是非考えてみてください。