記事の説明文または概要。
MENU
パートナーエージェント

【2021年11月】ペアーズエンゲージとパートナーエージェントを徹底比較!

結婚相談所で婚活をしてみたいな。

ペアーズエンゲージとパートナーエージェントが良さそうだけど、どっちがいいのかな?

はるか
はるか
元3年間の婚活迷子で、今は結婚生活6年目のはるかです。

現在は婚活に悩む女性向けに、このサイトの編集長をしています。

ペアーズエンゲージもパートナーエージェントも、人気がある結婚相談所の一つです。

どちらもオンラインで活動できて、成婚実績もたくさんあります。

とはいえ、どんな特徴があるのか、どちらが自分に合っているのか判断するのは難しいですよね。

そこで、ペアーズエンゲージとパートナーエージェントを8項目で徹底的に比較しました。

最初にお伝えすると、私が出した結論は下記のとおりです。

ペアーズエンゲージは、安く婚活を始めたい人、自分のペースで婚活したい人におすすめ

パートナーエージェントは、紹介できる会員が多い相談所で活動したい人、プロに相談しながら頑張りたい人におすすめ

最後まで読んでいただくと、あなたに合うのがどちらなのか判断できるようになりますよ。

ペアーズエンゲージの基本情報

会員数 紹介可能会員数は約3万人
主な年齢層 20〜40代
対応地域 全国
運営会社 株式会社Pairsエンゲージ

ペアーズエンゲージは、日本最大級のマッチングアプリPairsが作った結婚相談所です。

Pairsとの違いは、独身証明書を必ず受け入れていること。

恋愛目的ではなく、独身で結婚をしたい人同士が安心して出会えるアプリとなっています。

ペアーズエンゲージ公式サイト

パートナーエージェントの基本情報

会員数 紹介可能会員数は約7.3万人
主な年齢層 20〜40代
対応地域 全国
店舗がある地域 北海道/仙台/横浜/大宮/高崎/船橋/新宿/西新宿/銀座/池袋/上野/丸の内/名古屋/豊田/静岡/浜松/大阪/京都/神戸/姫路/広島/福岡/北九州
運営会社 タメニー株式会社

パートナーエージェントは、約27%の高い成婚率をほこる結婚相談所です。

専任のコンシェルジュが、婚活の設計からお付き合い〜成婚退会まで、PDCAサイクルを回してサポートしてくれることが特徴です。

2021年9月にSCRUMと提携し、紹介可能会員は約3万人から約7.3万人と2倍以上に増加。

店舗で相談できるコースとオンラインのみ利用できるコースがあり、ライフスタイルに合わせて利用できます。

パートナーエージェント公式サイト

ペアーズエンゲージとパートナーエージェントの共通点

ペアーズエンゲージとパートナーエージェントには、2つの共通点があります。

一つずつくわしく説明します。

コネクトシップを利用している

共通点の一つは、コネクトシップを利用していることです。

コネクトシップとは、結婚相談所同士で、会員をお互いに紹介できるプラットフォームです。

現在13事業者が利用しており、約3万人の紹介可能会員がいます。

コネクトシップを利用している結婚相談所の代表例

ゼクシィ縁結びエージェント、エン婚活エージェント、ノッツェ、スマリッジ、日本仲人連盟など

つまり、パートナーエージェントやペアーズエンゲージで活動すると、コネクトシップに参加している他の結婚相談所の会員に出会う可能性があります。

オンラインだけで活動できる

オンラインだけで活動できることも共通点です。

ペアーズエンゲージは完全にオンラインのみとなっており、アプリ内ですべて活動できます。

パートナーエージェントでは、対面で定期面談するコースがメインですが、オンラインだけで活動できるコースもあります。

ペアーズエンゲージとパートナーエージェントの比較

ペアーズエンゲージとパートナーエージェントを8項目で比較し、表にまとめました。

ペアーズエンゲージとパートナーエージェントの比較
ペアーズエンゲージ パートナーエージェント 
紹介可能会員数で比較

約3万人

コネクトシップを利用できる

約7.3万人

コネクトシップとSCRUMという2つのプラットフォームを利用できる

紹介数・申込数で比較

多い

1ヶ月あたりの紹介数は10人。申込数は20人まで。

やや少ない

1ヶ月あたりの紹介数は2〜6人。申込数は5〜12人。

料金で比較

安い

初期費用と成婚料がないため安い

やや高い

初期費用と成婚料があるので、ペアーズエンゲージと比較するとやや高い

提出する証明書で比較

提出必須の書類が少ない

身元確認、独身証明書のみ必須

提出必須の書類が多い

身元確認、独身証明書だけでなく、年収証明書や学歴証明書なども必須

実績で比較

実績少なめ

成婚退会までの平均は4ヶ月という実績あり

実績多数

成婚率だけでなく、いろんなデータが数値化されており、イメージしやすい

サポートで比較

やや少ない

専任コンシェルジュあり。チャットでいつでも相談できるが、どれだけ活用するかは自分次第

手厚い

専任コンシェルジュあり。婚活設計、プロフィール作成、定期面談など、サポート体制が整っている

保証内容で比較

保証が手厚い

3ヶ月コンタクトが成立しなけば、入会費・プラン料金を全額返金

あり

3ヶ月コンタクトが成立しなければ、登録料を全額保証

 

はるか
はるか
一つずつくわしく説明します!

紹介可能会員数で比較

紹介可能会員数で比較すると、パートナーエージェントの方が2倍以上多いです。

ペアーズエンゲージ パートナーエージェント
約3万人 約7.3万人

ペアーズエンゲージでもパートナーエージェントでも、コネクトシップに所属する約3万人の会員に出会える点は同じです。

大きな違いは、パートナーエージェントがSCRUMというサービスと連携し、紹介できる会員数が大幅に増えたことです。

SCRUMとは

全国結婚相談事業者連盟を運営する「株式会社TMS」と「株式会社日本仲人連盟」が2021年2月に共同で創設した、全国の結婚相談所をつなぐデータ連携サービス。

全国1,500店舗を超える結婚相談所が利用しています。

たくさんの会員の中から自分に合う人を探したい!と思うのであれば、パートナーエージェントの方がいいでしょう。

\紹介できる会員が多い方がいいなら/
パートナーエージェント公式サイト✔︎ 約7.3万人の会員

紹介数、申込数で比較

紹介数および申込数で比較すると、ペアーズエンゲージの方が多いです。

ペアーズエンゲージとパートナーエージェントの紹介数と申込数を表にまとめました。

横スクロールできます

✳︎パートナーエージェントはPAと省略しています。

ペアーズエンゲージ  PA(オンライン) PA(コンシェルジュライト) PA(コンシェルジュ)
紹介数 10人 2人 4人 6人
申込数 20人 12人 12人 5人

紹介数、申込数どちらをとっても、ペアーズエンゲージの方が多いです。

自分から積極的に申し込んでいきたいと思うのであれば、ペアーズエンゲージの方がいいでしょう。

\たくさんの人に申し込みたいなら/
ペアーズエンゲージ公式サイト

料金で比較

料金については、ペアーズエンゲージの方が安いです。

横スクロールできます

✳︎パートナーエージェントはPAと省略しています。

ペアーズエンゲージ PA(オンライン) PA(コンシェルジュライト) PA(コンシェルジュ)
初期費用 なし 57,200円 33000円 104,500円
登録料 12,000円 11,000円 33000円 33,000円
月会費 12,000円 14,300円 14,300円 18,700円
成婚料 なし 55,000円 55,000円 55,000円
1年間の費用(成婚料込) 156,000円 294,800円 292,600円 416,900円

大きな違いは、パートナーエージェントでは初期費用と成婚料がかかること。

サポートが手厚い分、料金は少し高めです。

まずは安さ重視で手軽にはじめたいという人であれば、ペアーズエンゲージの方がいいでしょう。

\まずは安く婚活をはじめたいなら/
ペアーズエンゲージ公式サイト

提出する証明書で比較

提出する証明書で比較をすると、パートナーエージェントの方が必須のものが多いです。

ペアーズエンゲージ ・本人確認書類(必須)
・独身証明書(必須)
・収入証明書 (任意)
・学歴証明書 (任意)
・国家資格証明書(一部の職業のみ任意)
パートナーエージェント ・本人確認書類(必須)
・独身証明(独身証明書・戸籍抄本等)(必須)
・卒業証明書(大学卒以上の方は必須)
・収入証明書(男性のみ必須)
・その他資格や職業を証明する書類(必須)

ペアーズエンゲージで必須なものは独身証明書と本人確認書類のみで、ほかは任意となっています。

一方、パートナーエージェントでは、独身証明書だけではなく、卒業証明書や収入証明書(男性のみ)も必須です。

独身というだけではなく、収入や学歴にも嘘がない方がいいと思うのであれば、パートナーエージェントの方がいいでしょう。

\収入・学歴詐欺に出会いたくないなら/
パートナーエージェント公式サイト

サポートで比較

サポートで比較すると、パートナーエージェントの方が手厚いです。

横スクロールできます
ペアーズエンゲージ パートナーエージェント
婚活設計 なし あり
オンラインお見合い あり あり
定期面談 なし あり
チャット相談 あり あり
オンラインセミナー あり あり

大きな違いは、パートナーエージェントで活動すると、婚活設計と定期面談があることです。

婚活設計とは、活動をはじめる前に理想の結婚やお相手像についてインタビューを行い、婚活の計画を立てること。

あなたにとっての最高の結婚を明確にし、どうすれば実現できるのか考えます。

また、活動をはじめた後も、定期的に面談があるので安心です。

ペアーズエンゲージでもチャットで相談できますが、よりしっかりとサポートを受けたいと思うのならパートナーエージェントがいいでしょう。

\手厚くサポートを受けたいなら/
パートナーエージェント公式サイト

実績で比較

実績で比較をすると、パートナーエージェントの方が豊富です。

ペアーズエンゲージ ・成婚退会まで平均4ヶ月
パートナーエージェント ・成婚率は約27%
・入会から3ヶ月以内のお見合い実施率 95.9%
・入会から交際までの平均期間 2.5ヶ月
・入会から1年以内の交際率 93.1%
・入会から1年以内の成婚率 65.6%

ペアーズエンゲージで開示されている実績は、成婚退会までの期間のみでした。

一方パートナーエージェントでは、成婚率だけでなく、お見合い実施率や交際までの平均期間など、気になるデータが細かく数値化されています。

はるか
はるか
いろんなデータを数値化していているから、活動のイメージがつきやすいね

実績がある結婚相談所で活動したい、論理的にPDCAを回して婚活したいと思うなら、パートナーエージェントの方が向いています。

\実績がある結婚相談所がいいなら/
パートナーエージェント公式サイト✔︎ 成婚率約27%

保証内容で比較

保証内容で比較すると、ペアーズエンゲージの方が保証の範囲が広いです。

ペアーズエンゲージ ・3カ月活動を続けてマッチングしなければ、入会費・プラン料金を全額返金
パートナーエージェント ・3ヵ月以内に紹介回答が双方YESとならなかった場合、登録料を全額返金

どちらを選んでも返金保証がついていますが、保証の範囲が広いのはペアーズエンゲージです。

はるか
はるか
入会費・プラン料金すべて全額返金されるというのは、かなり太っ腹ですね…!

返金保証を受けるには、一定期間内に必要書類を提出しているなどの条件があるので、コンシェルジュにしっかりと確認しておきましょう。

\保証の範囲がより広い方がいいなら/
ペアーズエンゲージ公式サイト

まとめ

ペアーズエンゲージとパートナーエージェントを8項目で比較した結果、私が出した結論は下記のとおりです。

会員数が多い結婚相談所で活動したい、実績豊富な結婚相談所でサポートを受けながら本気で頑張りたいと思うならパートナーエージェント

料金が安い結婚相談所で婚活をはじめたい、自分のペースでアプローチ数重視で活動したいと思うならペアーズエンゲージ

どちらも違う魅力があって人気のある結婚相談所ですが、本気で結婚したいと思うならパートナーエージェントの方がおすすめです。

時には大変なこともありますが、たくさんの男性と短期間の間でたくさんデートできるのは独身の特権です。

あなたに合った結婚相談所で、一年以内の結婚を実現させましょう。

パートナーエージェント公式サイト

ペアーズエンゲージ公式サイト