初めての婚活

婚活には、どんな種類があるの?自分に合った方法で婚活をしよう

婚活を始めてみよう!と思っても、何から始めればいいんだろう…?どのサービスを利用するのが一番いいのかな?って思うことってありますよね!

そんな疑問にお答えすべく、婚活サービスにはどんなものがあるのか、どんな人に向くのかということをまとめてみました。

この記事はこんな人にオススメ

・これから婚活を始めようと思っている人
・婚活を始めたいけど、何から手をつけていいか分からない人

主な婚活サービスの種類

婚活サービスには色んなものがあり、かかる費用やサポートの内容もさまざまです。
かかる費用が高いものから、順に解説していきたいと思います。

結婚相談所(仲人型)

結婚相談所には2種類あり、そのうちの一つが仲人型と呼ばれる相談所です。
有名なところは、IBJメンバーズや、パートナーエージェントなどがあります。

専任のアドバイザーさんがいて、アドバイザーさんに相談しながら婚活を進めていくことができるのが特徴です。

アドバイザーさんのサポートは、婚活サービスの中でも一番手厚いため、数ある婚活サービスの中で最もお金がかかります。

入会金、月額費が他のサービスと比べて高額であり、結婚が成立した際に成婚料がかかることが一般的です。

仲人型の結婚相談所に登録するためには、勤務先を証明するもの(源泉徴収票など)や独身証明書などを提出することが必要です。

そのため、身元が明確な人と出会うことが出来ます。

こんな人にオススメ

・奥手で異性とのコミュニケーションが得意ではない人
・結婚への本気度が高く、今すぐにでも結婚したい人
・職業詐称・経歴詐称していない人と出会いたい人

結婚相談所(データマッチング型)

結婚相談所のもう一つの種類が、データマッチング型と呼ばれる相談所です。
有名なところだと、オーネット、ツヴァイなどがあります。

会員の属性(収入、学歴、居住地など)がデータ化されており、最初から自分が求める条件に合う人を抽出して、自分からコミュニケーションを取ることが出来ます。

仲人型の結婚相談所と同様に源泉徴収票や独身証明書なども提出するため、身元が明確な人と出会うことが出来ます。

アドバイザーさんは一応いるものの、あまりサポートは見込めません。
その分、仲人型より料金はお値打ちです。

自分から主体的に動けば沢山の人と出逢うことができますが、受け身でいると、あまり出逢うことができません。

こんな人にオススメ

・自分が結婚相手に求める条件が明確な人
・主体的に自分で動いて行ける人
・職業詐称・経歴詐称していない人と出会いたい人

婚活サイト

婚活サイトは、月額3,000〜4,000円ほどで利用できるネットサービスです。
有名なところだと、ブライダルネット・ユーブライドなどがあります。

データマッチング型と同様、条件でプロフィール検索をしたり、メッセージのやり取りをしたり出来ます。

データマッチング型の結婚相談所と婚活サイトの違いは、婚活サイトは本人確認をするけれど、独身証明書や源泉徴収票などは義務付けられていないということにあります。

その分、データマッチング型と比べて、かなりリーズナブルに利用することが出来ます。

こんな人にオススメ

・あまりお金をかけずに、結婚を真剣に考えている人と出会いたい人
・対面のコミニュケーションよりも、文章の方が得意な人

婚活パーティー

婚活パーティーには色んな種類があり、数十人規模の立食パーティー、合コン形式、個室で1対1の物などがあります。

月額制のサービスではなく、自分が行きたい時に、気軽に参加することが出来ます。
有名なところだと、PARTY☆PARTY・オトコンなどがあります。

気軽に参加できる分、結婚相談所や婚活サイトと比べると、結婚に対して本気度が高い人は少なくなります。

一度に大人数の人と出会うことになるため、結婚相談所や婚活サイト以上に、コミュニケーション能力が求められます。

逆に言うと、結婚相談所や婚活サイトだと条件面で不利になるけれど、外見やコミュニケーション能力には自信があるという人に向いているサービスと言えます。

こんな人にオススメ

・自分の外見に自信がある人
・コミュニケーション能力が高い人
・一度に多くの人と出会いたい人

婚活アプリ


婚活アプリは、数ある婚活サービスの中で、最も多くの人に使われているサービスです。

Facebookアカウントが必須であることが多いです。

一番有名なペアーズだと、累計会員数が1,000万人を突破、次に有名なomiaiで累計会員数が360万人を突破しています。

結婚相談所で一番会員数が多いIBJメンバーズで、6万人を突破したというところですので、婚活アプリの利用者がいかに多いかということが伺えます。

私は、夫の親族がペアーズで出会って結婚していたり、勤め先の後輩がomiaiで100人ほど会って彼氏を見つけたりしているのを見ているので、実際のユーザーの多さをひしひしと感じています。

女性は無料でも色んなサービスを使うことが出来て、男性は有料会員という仕組みになっているので、女性には有利です。

結婚相談所や婚活サイトと比べると敷居が低いため、恋愛はしたいけれど、結婚は今すぐ考えていないという会員も存在します。

相手が真剣な結婚を望んでいるのかという見極めが大切になります。

こんな人にオススメ

・婚活にお金をあまりかけたくない人
・多くの人と効率よく出会いたい人
・恋愛から結婚に発展していきたい人

婚活サービスを使わない婚活

婚活には、婚活サービスを使わない婚活もあります。
順番に見ていきましょう!

友人、知人の紹介

友人や知人が多い人は、周りの人に紹介を頼んでみましょう。

「結婚したい」「いい人がいたら紹介してほしい」と日頃から周りの人に言っていると、意外な人が紹介してくれることもあります。

私は友達が少ないんですが、婚活している時に周りに言いまくっていたら、数人紹介してくれる人がいました。

仮に、似たような容姿の人が2人いて、一人は「結婚したい」といつも言っていて、もう一人は「結婚はそのうち出来ればいい」と言っていたとしたら…あなたならどちらに紹介したくなりますか?

はるか
はるか
私だったら「結婚したい」っていつも言ってる人に紹介します

言うだけならタダなので、周りの人に意思表示するって意外と大切かもしれません。

こんな人にオススメ

・友人・知人が多い人
・自分の意思表示をすることに抵抗がない人

習いごと・社会人サークル

人工的な出会いは好きではないから自然に出会いたい!という人は習い事や社会人サークルから、人脈を広げていくという方法があります。

同じ趣味の人と出会えるので、友人が出来るかもしれないというメリットもあります。

ただ、恋愛や結婚を目的として来ているとは限らないため、早期に恋愛・結婚に発展するかどうかは未知数です。

発展したらラッキーぐらいの気持ちで参加するのがいいかもしれませんね!

こんな人にオススメ

・自然な出会いに憧れている人
・同じ趣味の人と出会いたい人
・結婚を急いでいない人

まとめ

世の中の婚活サービスを呼ばれるものを一通り整理してみましたが、いかがだったでしょうか?

多種多様なサービスがありますが、何よりも大切なのは、自分に合った方法で婚活を進めることです。

どれか一つだけ選べない…という人は、いくつか並行して試してみて、自分に合うものを探してみてもいいかもしれませんね!

自分がストレスなく利用できそうなサービスを選んで、婚活を楽しみましょう♪