婚活ノウハウ

婚活で年収1000万の人と結婚したい!ハイスペ男子の現実と出会える場所とは?

婚活している女性なら、可能であれば年収の高い男性と結婚したいと思うもの。

年収1000万以上ある人と結婚出来たらいいな…そんな風に思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

かくいう私も、27〜29歳で婚活をしていた時は、年収1000万以上ある人と結婚したいと思っていました。

実際に年収1000万以上あって、外見も素敵な人とデートすることは出来ました。

しかし、実際会うことによって見えてきた現実もあります。

この記事では、いわゆるハイスペ男性の現実と、出会うことが出来る場所をお伝えします。

この記事はこんな人にオススメ

・年収1000万以上の人と結婚したい人
・年収1000万以上の人の現実を知りたい人
・年収1000万以上の人と出会える場所を知りたい人

年収1000万以上!ハイスペ男子の現実

まずは、実際に私が遭遇した年収1000万以上ある男性の実態をお伝えします。

男性側は売り手市場!男性も選んでいる

私はオーネットで婚活をしていた時に、年収1000万以上でルックスもいい男性に遭遇しました。

私はいいなあと思いましたが、徐々にフェードアウトされてしまいました。

感じ取れたのは、やはり男性側も選んでいるという事実です。

年収1000万以上の男性は、婚活では売り手市場です。

オーネットは、お互い自由に申し込みが出来るシステムだったので、女性からのアプローチも多くあったのでしょう。

年収1000万以上の男性と結婚したいのであれば、向こうからも選ばれるような女性になることが大切という現実を実感した出来事でした。

お金も時間もある男子は遊び人のリスクあり

お金も時間もある年収1000万以上の男性は、遊び人となるリスクがあります。

私は前職が金融関係だったのですが、30代・転勤ありの男性社員は、高確率で年収1000万以上になるような会社でした。

部署や営業所にもよりますが、高収入の割には早く帰ることが出来る人も沢山おり、女性関係で遊んでしまう人は多かったです。

こういう男性は、仕事はしっかり行い、本命の彼女や奥さんは大切にしているというケースが多かったです。

友達・同僚としては良い人だったりするので、彼女や奥さんは気づいていないんだろうなあと思うことも多々ありました。

全ての人に当てはまる訳ではないけれど、お金があると遊んでしまう人がいるのも事実。

年収1000万以上の人と結婚したいのであれば、そのことも覚悟しておきましょう。

仕事が忙しすぎるハイスペ男子

私が出会った年収1000万以上の男性の中には、本当に仕事が忙しそうな人もいました。

外資系のコンサルタントの人と会っていた時は、仕事がすごく忙しい時期で、待ち合わせしても2時間ほど待った時もありました。(途中の連絡はありましたが)

また、外科のお医者さんと会った時は、デートの途中で病院に呼び出されてしまい、しばらく待っていたこともありました。

外資系のコンサルタントやお医者さんには、一人ではなく何人かお会いしたことがありますが、忙しそうな人が多かった印象です。

勿論お勤め先によると思うので一概には言えないですが、私は寂しがりやなので

はるか
はるか
そこまで高収入じゃなくていいから、普段一緒に夕食が食べられる人が良いなあ

と思ってしまいました。

収入が高い=それだけ仕事の責任が重いということなので、年収1000万以上ある人は、仕事が忙しい人である可能性があるということも押さえておきましょう。

年収1000万以上の男性と出会う方法

結婚相談所を利用する

年収1000万以上の男性に出会うために、安全性の面で一番確実なのは、結婚相談所に登録することです。

結婚相談所であれば、源泉徴収票や勤務先証明の提出を義務付けられているところも多いので、男性が勤務先や年収を詐称することは出来ません。

確実に年収1000万を超える人と出会いたいということであれば、結婚相談所を利用してみましょう。

婚活アプリ・婚活サイトを利用する

「結婚相談所は敷居が高い」「そこまでお金をかけたくない」という人は、婚活アプリ・婚活サイトを利用してみましょう。

利用者の数で言えば、結婚相談所よりも婚活アプリ・婚活サイトの方が断然多いです。

年収1000万以上で登録している人も数多くいるため、出会える可能性は、高くなります。

注意すべきなのは、人によって結婚に対してのモチベーションに温度差があることと、年収詐称・経歴詐称している可能性もあることです。

開示している情報がどこまで正しいのかということについては、自分の目で判断する必要があります。

自分が年収1000万以上になる

年収1000万以上の人と出会うためには、自分の年収を上げるのも一つの方法です。

結婚相手との出会いの場として、昔も今も多いのが「職場」です。

同じような仕事をしていたり仕事での関わりがあったりすると、共感できることも増えますし、お互いの良いところも自然と見えてきます。

実際に前職で働いていた時、周りにいた年収1000万以上の男性の中には、同じように年収1000万以上を稼ぐ女性と結婚している人も多く見られました。

仕事が出来る男性の中には、仕事が出来る女性・仕事を頑張る女性と結婚したいと考える人も一定数います。

年収1000万以上の人と結婚したいのであれば、自分の収入を上げる努力をするというのも1つの手段です。

年収1000万以上になりそうな人を探す

今は年収1000万もなかったとしても、今後なる可能性がある人を探すという方法もあります。

年収1000万以上ある人は、婚活では売り手市場のため、競争率は高めです。

一方で、「今はそこまでではないけれど、この人ならいずれ到達するだろう」というポテンシャルを秘めた人は、そこまで競争率は高くありません。

そういう人を見極めて、結婚してから徐々に年収が上がっていくようにサポートするという方法もあります。

私の夫も、結婚した当初は私と年収が変わらないくらいで、さらに貯金もほとんどありませんでしたが、「この人なら仕事も出来るだろうし伸びるだろう」「まだ若いのだからお金も一緒に貯めればいい」と思って結婚しました。

結果として、もうすぐ年収1000万というところまで年収は伸び、貯金も年収と同じくらい増やすことが出来ています。

結婚する時点ではなく、将来的に年収1000万以上になりそうなポテンシャルを秘めた人を探す、という方法もあります。

まとめ

今回は、年収1000万以上の男性の現実と、出会う方法についてまとめてみました。

「結婚するなら年収1000万以上ある人がいい!」と思ったとしても、結婚相手として現実的にどうなのか、自分に合っているのかということは、実際に会ってみないと何とも言えません。

出会うための手段はあるので、実際に試してみて、自分にとってどうなのかということを是非判断してください。