お付き合いするまで

楽しかったのは私だけ? 婚活で2回目のデートに誘われない原因と対策

こんにちは!はるかです。
管理人のプロフィールはこちらからどうぞ。

婚活をしていて、1回目のデートが楽しかったのに、何故か2回目は誘われない…そんなこともありますよね。

人には相性や好みのタイプがあるので、10人とデートして全員から2回目のお誘いがあるなんてことは、かなり奇跡的。

はるか
はるか
というか、そんな人は婚活なんてすぐ終わっちゃいそう…

しかし、10人デートして10人全員から2回目のお誘いがないとすると、原因を考えて対策を立てた方がいいかもしれません。

そんな悩みにお答えすべく、2回目のデートに誘われない原因と対策についてまとめてみました。

この記事はこんな人にオススメ

・婚活でデートしても1回目のデートで終わってしまう人
・2回目のデートに誘われない原因を知りたい人
・2回目のデートに誘われるようになりたい人

2回目のデートに誘われない原因と対策

一言で言うと、1回デートして合わないと思われてしまったからなのですが、合わないと言っても要因は色々ありますよね。

考えられる要因と、それに伴う対策を挙げてみました。

話しすぎ・話さなさすぎる

話しすぎるのも、全く話さないのも、どちらもNG。

コミュニケーションが普通に取れているということが大切です。

女性の場合は、自分のことばかり話しすぎていないかを注意しましょう。

人は、自分の話を聞いてくれる人に好意を抱くものです。

相手が7〜8割、自分2〜3割くらいの割合で、相手の話を出来るだけ引き出すことを心がけてみましょう。

興味を持たれてなさそう

話していて「自分に興味がないんだな」と判断されると2回目のデートは誘われにくくなります。

男性側が質問したことだけに答えていて、自分のことばかり話してしまっている女性は要注意。

相手の男性に興味を持っていれば、相手のことを知ろうとして、女性側からも質問したり、相手を深掘りするような会話になるはずです。

 

目の前の男性に興味を持って、質問やリアクションで表現しましょう。

プロフィール写真と違いすぎた

婚活サイトや婚活アプリなどを利用して婚活をしている場合、プロフィール写真は見たことがあっても、実物に会うのは1回目のデートが初めてというケースがあります。

この場合、プロフィール写真が何年も前のものだったり、盛りすぎていたりすると

はるか
はるか
プロフィール写真と全然違うじゃん!騙された!

ということが起こり得ます。

プロフィール写真は、本人とのギャップが少ないもので、一年以内に撮影されたものにしましょう

清潔感がない

清潔感がないと思われてしまったという可能性もあります。

一見キレイにしているつもりでも、細かい部分でジャッジされていることもあります。

具体的なところでいうと、次の3つのことが挙げられます。

髪の毛

髪がパサパサしていたり寝癖がついていたりすると、だらしない印象を与えてしまいます。

逆に言うと、髪や肌が綺麗だと美人に見える可能性がグッと上がります。

艶のある髪を心がけて、寝癖は直した上でデートに向かいましょう。

 

服がシワシワ

意外と気になるのが、シャツやブラウスにアイロンがかかっていなくてシワシワになっていることです。

会社でも時々見かけるのですが、高価なブランド物を持っていても服にアイロンがかかっていないと、あまり家事をしない人なのかなという印象を持ってしまいます。

日頃からアイロンがけをして、毛玉なども取り除いた服を身につけましょう

匂い

強すぎる匂いは、人を不快にさせてしまいます。タバコだけでなく、強すぎる香水や口臭、汗の匂いなどもNG。

匂いに関しては、自分で気をつけられる部分です。不快な匂いを放っていなっていないか注意しましょう。

表情が暗い・無表情

表情が暗かったり、無表情の人も要注意。

会話の内容と同じくらい、表情は相手の印象を左右します。

会話をしている間は、口角を上げるようにして、笑顔でいるように心がけましょう。

会話がネガティブ

初めてのデートなのに会話の内容がネガティブだと、嫌がられる可能性があります。

愚痴や悪口が多かったり、店員さんへのクレームがあったりすると、性格がキツイと思われてしまうリスクがあります。

はるか
はるか
私は友人に会社の後輩を紹介したことがあるんですが、次に続かなかった理由が、店員さんへ文句を言っていたからでした。
出会って間もない期間は、ポジティブな会話を心がけましょう。

お金を出す気がない

最初のデートだと男性がお支払いしてくれたり、多く支払ってくれるケースが多いと思いますが、お金を全く出す気がないそぶりを見せるのはNG。

お会計時にお財布を出すようにして、支払う意思があることを見せることが大切です。

男性が支払ってくれる様子を見せてくれたら、笑顔でお礼を言いましょう。

はるか
はるか
その場限りではなく、デート終了後、ご馳走して頂いたことへのお礼のメッセージを送るようにすると好印象です

お金がかかりそう

女性の服装や持っているものを見て、お金がかかりそうと判断されている場合もあります。

一目で高級と分かるようなアクセサリーや小物類を何個も身につけていたり、ネイルが華美だったりすると、引いてしまう男性もいます。

高級なブランド物は、初対面では持っても1つまで。ネイルはシンプルな物にしておきましょう。

高望みしている

上記のことを一読しても自分には当てはまらないと思う場合、高望みをしている場合があります。

年収が高すぎたり、外見の良さを求めすぎたり、自分の年齢を省みずに若い人を求めてしまったりしていないでしょうか?

もし思い当たることがあるのであれば、自分がいいと思っている条件を満たした人は、自分のような女性と結婚したいのか?そもそもどういう女性を選ぶのか?ということを冷静に考えてみましょう。

もしあまりにギャップがあるようであれば、自分が相手に求める条件を見直した方がいいのかもしれません。

女性から誘うのはあり?なし?

初デートからしばらく経っているのに男性からのお誘いがない場合、女性から誘うのもありです。

女性から誘われて嫌な気分になるという男性は少数派で、ほとんどの男性は女性から誘われることを嬉しいと感じるものです。

もしまた会いたいな…と思うのであれば、さりげなくあなたから誘ってみるのも一つです。

まとめ

2回目のデートに誘われない場合、何らかの原因があるはずです。

ただ単にタイプではなかった・合わなかったといっても、何が合わなかったのか?気に障ってしまったのか?ということを考えて今後に活かせば、継続的なデートへつながる確率も上がるはず。

自分で気をつけられるマイナス要因は出来るだけ取り除いて、一人一人とのデートを大切にしてみてくださいね!