お付き合いするまで

婚活で会話が続かない!初対面でも話が弾む6つのコツ

こんにちは!はるかです。
管理人のプロフィールはこちらからどうぞ。

婚活で初めて会うような人だと、何を話せばいいのか分からなくて会話が続かないということもありますよね!

そこで、初対面でも会話が続くコツをまとめてみました。

この記事はこんな人にオススメ

・婚活で会話が続かないことに悩んでいる人
・初対面の人と話すのが苦痛な人

初対面でも話が弾む6つのコツ

話し上手より聞き上手

男女共に言えることですが、人は自分の話を聞いてくれる人を好みます。

婚活において、初対面で出会う男性は、あなたに面白い話を求めていません。

面白い会話をしなきゃ、盛り上げなきゃという義務感は捨てちゃいましょう。

目の前の相手に興味を持って、相手の話を引き出す事が大切です。

相手が7〜8割、自分は2〜3割くらいの割合で、聞き上手になる事を目指しましょう。

はるか
はるか
タイプでない男性に出会った時は、本命の男性に出会った時のための会話の訓練だと考えるといいですよ

相づちに使える「さしすせそ」

会話の相づちには、「さしすせそ」を活用する事がオススメです。

さしすせそとは、下記のような褒め言葉のことです。

  • さ…さすがですね、爽やかですね
  • し…知らなかったです
  • す…すごいですね、素敵ですね
  • せ…センスがいいですね、洗練されてますね
  • そ…そうなんですね、尊敬します


男性は、基本的に女性に認められたい・褒められたいと思っています。

自分の話をニコニコ笑顔で聞いてくれて、「さしすせそ」のような言葉で褒められたら、好印象を抱く男性は多いでしょう。

事前準備をしておく

あなたが婚活サイトや婚活アプリなどのサービスを利用していて、初めて会う前に相手のプロフィールや趣味などを調べる事が出来るのであれば、事前に相手の情報を頭に入れておきましょう。

もし覚えられないのであれば、手帳などにメモしてもOKです。

会話をする時にプロフィールに書いてあったことを話題にすることが出来ますし、事前にそんなことまで見てくれたんだな、と好印象になります。

5W1Hで、相手の好きな話題を掘り下げる

会話をしていて、相手の表情が明るくなったり、テンションが上がるような話題になったら、その話題についてより深く掘り下げていきましょう。

会話の掘り下げるためには「5W1H」を使っていきます。5W1Hとは

  • HOW どうやって
  • Why   なぜ
  • What    何
  • When いつ
  • Where  どこで
  • Who     誰

この6つを使って会話をすることです。

はい/いいえで答えられる質問ではなく、相手に考えさせる質問になるので、話を広げる時に使うと効果的です。

注意点といては、やみくもに、どんな話題でも広げればいいというものではないことです。

はるか
はるか
相手が乗り気でない話題ではなく、相手のテンションが上がっているような話題で、活用してみてくださいね!

相手にどう思われるかを気にしない

「自分が相手にどんな風に思われているのか」ということを気にしすぎると、会話自体が楽しくなくなってしまいます。

「こんなこと言ったら嫌われるかも」「面白くないって思われてるかな」と、言われてもいないのにネガティブになってしまったり、先回りして心配になってしまう人は要注意。

自分に意識が集中しすぎると、無意識のうちに心を閉ざしてしまいます。

自分に意識を向けるのではなく、目の前の相手に興味を持つことと、自分も会話を楽しむことに集中してみましょう。

目線や表情に注意する

話している会話以上に印象を左右するのが、目線や表情です。

目を見て会話をしないと、「嫌われているのかも」「自信がない人なのかな」と相手にマイナスな印象を与えてしまいます。

表情についても、無意識なうちに怪訝な表情になっていたり、困った顔になっていると、相手に不快感を与えてしまう可能性があります。

出来るだけ口角を上げて、意識的に笑顔でいるように心がけましょう。

 

まとめ

楽しく会話を続けるためには、ちょっとしたコツがあります。

最初は慣れなくて疲れるかもしれませんが、コツを掴めるようになれば、婚活だけでなく仕事や友人付き合いでも役立ちます。

一番大切なのは、目の前の相手に興味を持ち、会話を一緒に楽しもうとする姿勢です。

楽しい時間を共有しようとする気持ちは、きっと相手にも伝わるはず。

はるか
はるか
一つ一つの会話や出会いを、大切にしてみてください!